お知らせ

先輩直伝、超時短☆ねばねば丼

主食

グループホームの先輩直伝。美味しい時短料理です。先輩は時間のない朝によく作って出してました。

ねばねば丼自体はは色々なレシピがあって、お刺身と合わせている方が多いみたいですが、私が勤めている介護施設は感染症対策(ノロウイルスなど)の関係で、お刺身は基本的には出していませんでした。

このレシピはキムチ入り!キムチって、ご高齢の方は召し上がるのかな、と最初は思いましたが、お酒好きな方なんかは酒のつまみに召し上がってますものね…。ついイメージで、煮物、とか和食を作ってしまいがちでしたが、こういう料理も好評でした。キムチと温泉卵がいいアクセントになっていて、結構食べ応えがあります。

皆さん残さず、ぺろりと召し上がっていらっしゃいましたよ♪

下ごしらえと、ごはんさえ炊いておけば5分もかからずできちゃいます。

材料 

納豆 長いも キムチ めかぶ 温泉卵 鰹節 きざみのり

上記の材料で大体2人前作れました。(温泉卵は一人1つ使いますので、2人分作る場合2個用意してください。)

長いもはピーラーで皮をむいた後すりおろします。今、スーパーなどの冷凍食品コーナーで、とろろが売っているのでそちらを使用していただいても大丈夫です。

キムチは、細かく刻みます。少量ならキッチンバサミを使うと便利です。今回はキッチンバサミを使用しました。

納豆は、付属のからしとタレを入れて混ぜます。

後は丼にご飯または軟飯をよそって…(お手軽軟飯のレシピも参考にどうぞ)

下ごしらえした食材を乗っけて…

温泉卵と鰹節、きざみのりをかけて完成♪お好みで小葱をかけても色鮮やかで美味しいです!

混ぜてお召し上がりくださいね♪

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました