お知らせ

お手軽軟飯

主食

大規模な介護施設では、普通のごはん、軟飯、おかゆ、さまざまな食形態のものを作らなければいけません。今回は、現場の方に教わった簡単な軟飯の作り方をお伝えします。①が現場の方から教わった作り方なのですが、なるほどー混ぜればいいのねと目からうろこでした。

②のレンジを使用した作り方は有名です。今回はこの2種類を作ってみました。おばあちゃんの分だけ、ちょっとだけ軟飯が欲しいのよ…というときに便利です。両方とも火を使わずに調理できます♪

①お手軽軟飯

材料 おかゆ ごはん

今回は100円くらいで売っているおかゆを購入。

今回は100gのあったかいごはんを用意。

ごはんと同量のおかゆ(100g)を入れて混ぜます。

しばらくなじませたら、とろみ強めの軟飯が完成。おかゆは、温めても常温でもできます。食べる方の状態に合わせて、おかゆの量や温度を調整してくださいね。

メリット 超時短。すぐできます。とろみが強めにできる。

デメリット おかゆがないとできない。

②レンジで軟飯

材料 ごはん 水

耐熱容器にごはんと水同量を入れます。今回は100gずつ入れました。

電子レンジで上蓋をずらして2分温めます。蓋がなければ、容器にふんわりとラップをかけ、両端を開けてもOKです。

その後、蓋を閉めて蒸らしていきます。ラップをかけた方は、ラップを隙間がないようにぴっちりかけて蒸らします。

レンチン後5分蒸らした軟飯がこちら。まだ水分多め。

蒸らし10分後。まだ結構水分が残っています。

蒸らし15分後。わかりづらいですが、少し水分が吸収されました。

お好みのふやけ具合になったら完成。とろみは、おかゆを使用するよりも少なめです。

メリット お金がかからない。家にある材料でできる。

デメリット レンチンから、蒸らしまでの時間が結構かかる。

お手軽なのは断然、①です。固さの調節も、おかゆを減らしたり増やしたりすればいいので簡単。すぐにちょっとだけ欲しい、とか、外出先で少しだけ軟飯が欲しいというときに便利。おかゆはスーパーやドラックストアなどで手軽に手に入ります。

②は、家でまとめて作って冷凍保存するのに便利です♪

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました