お知らせ

みそ汁の具

介護調理

昔私が勤めていたグループホームでは、当時ターミナルケアは行っていませんでした。

(状態が重くなったら併設された特養へ移っていただいていました)

そのため、身体状態的には、比較的軽度の方が多かったと思います。(認知症の症状は別問題)

なので、当時の食事を作る際の配慮は、ざっくりですが

・気を付けないとむせてしまうため配慮が必要

・義歯装着している方は、嚙む力は弱い。噛み切りやすい食事を提供

ご飯は柔らかめに炊く。

という、比較的食事に対しては軽度の配慮であったと思います。当時の利用者さんたちは、とろみ材などの使用をしなくても大丈夫でした。

でも、当時新人の私は、その「ちょっとした配慮」がわからなかったんです。

さて、表題のほうれん草のみそ汁ですが、

上が、私が普段切っている長さです。当時、当たり前のように上の切り方で作ろうとしていたのですが、先輩から止められました。

「大きすぎる。細かく切って入れて頂戴」

そう言われ、切りなおしたのが下の長さのものです。

なんなら、「これでもちょっと大きいくらいよ。もうちょっと細かくても平気」と言われました。

ほうれん草って、ゆでると柔らかくなるし、お浸しも皆さん普通に食べてるんだから大丈夫なんじゃないの??って思ったんですが、どうも違うらしい…。

というわけで、ちょっと細かめに切ったものをお鍋に投入。

今回は入れませんでしたが、玉ねぎも合うんですよね♪

卵を入れて、火を止めたら顆粒だしと味噌をといて完成♪

なんでか皆さん、ほうれん草と卵の味噌汁、お好きな方多いですよねえ…。

ほっとする味なんでしょうか。

えのきだけのみそ汁も、同様にえのきを細かく切って提供していました♪

食材のカットの工夫で、好きなものを美味しく召し上がっていただけるなら良いですね☆

みそ汁は、たくさんお野菜を食べていただくチャンス!

具沢山みそ汁で、しっかり体力つけていただきましょう♪

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました